第1回「Nagoya Eco Club(なごエコ)」定例会レポート

定例会レポート

2020年 9月23日(水)開催 第1回定例会

業種は違えど目指すものは同じ集い、語った“それぞれのSDGs”

SDGsに関心を持つ人々の集いの場「なごエコ」が発足しました。食品、製造、教育などさまざまな分野でご活躍の方々が一堂に会し、発信し、親交を深めた会の様子をご紹介します。

 


特別公演より

農薬や化学肥料を使わずに育てた花 もっと知ってほしい“オーガニックフラワー”のこと

 オーガニックフラワーをご存じの方は少ないでしょうね。無理もありません。東京ではようやく取扱店が増えてきましたが、中部地方にはほとんどありませんから。
 販売用の花は食品ではないので大量の農薬が使われています。私は花粉症などアレルギーで悩んでいまして、ある時食べ物をオーガニックなものに替えたら2年ほどで花粉症が治ったんです。それ以来、農薬まみれの花を売るのはどうなんだろう?と思いまして。そんな時オーガニックフラワーを栽培している三重県の生産者と知り合いになり、お願いして仕入れるようになったんです。
 オーガニックフラワーの特徴は何といっても生命力が強いこと。夏場でも水が濁ったり嫌な臭いがしたりしにくく、シャンと咲いている期間が長いです。少々不ぞろいで、虫が喰っていることもありますが、フラワーアレジメントもする私から見たらそれは持ち味のひとつです(笑)。
 経営上の理由からうちの店でもすべての花がオーガニック、というわけにもいきません。生産農家も全国に50軒ほどしかない現状では、お客様からの需要が今以上に高まらなければ難しいです。私の生きているうちにオーガニックフラワーの取扱店がもっともっと増えて欲しい。それが夢ですね。

■講師 内山 早智子さん

名古屋・栄の生花店「種から根っこと葉っぱ」でオーガニックフラワーのほか、有機種子、フェアトレード食品などを取り扱っている。フラワーアレンジメントなど花に関する講座で講師を務めることも多数。

 


出席者が語る「私たちが行っている取り組み」

10分間個別スピーチより

製造業から「創造業」へ!

主な仕事は金属加工の町工場ですが、私の看護師としての前歴を生かし健康面でSDGsに取り組みたいと思い、金属製「抗菌ネコ型マスクかけ」を開発しました。

山本製作所有限会社 代表取締役 田中 倫子さん

 

「肉まん」で障害者の社会参画

障害者作業所を運営していますが、中川区の地場野菜・野崎白菜を使った肉まんを製造したところ注文が殺到。障害者の社会進出の足がかりになればと思っております。

わーくす昭和橋 副所長 岡本 靖史さん

 

ライターの私が里山マルシェを開く理由

岐阜県の西南端・上石津在住のライターです。美しかった里山も今は過疎化で荒れて獣害も深刻に。魅力的なマルシェを開催することで都市の人々と里山を結び付けています。

里山企画 菜の花舎 代表 松島 頼子さん

 

街中がキャンパスの「大学」です

「なごや環境大学」は一般的な大学とは異なり、市民・行政・教育機関などが一体となって環境に関する講義や実習を開くプラットフォームです。興味のある方はぜひ。

なごや環境大学 事務局 事務局次長 小出 恭司さん

 

自然の宝庫・設楽町の町おこしをしています

奥三河・設楽町に関するさまざまな情報を発信しています。設楽町は名古屋で野良猫を見る確率でシカに出合えます(笑)。自然に興味がある方は気軽に声を掛けてくださいね。

設楽町 地域おこし協力隊 橋本 謙蔵さん

 

ケーキで人をハッピーにします

洋菓子店の経営者です。ケーキ作りは女性に人気の職業で、うちでも多くの女性が活躍中。本当に頼りにしています。食品ロスを減らすアイデア商品や福祉施設訪問で皆様を笑顔にしたい!

パティスリーアングレーズ オーナー 小田原 益広さん

 


★次回の「なごエコ」定例会は10月29日(木)16:00より開催予定

お申込みは、こちらから
>>>https://nagoeco.jp/?p=42