第5回定例会レポート リサイクル、出版、健康など。ますます広がるSDGsの輪

定例会リポート

1月28日に第5回「なごエコ」定例会を開催しました。

今回も多くの新規参加者をお迎えし、それぞれの活動を語っていただきました。リサイクル、出版、健康などさまざまな分野から集まった皆さまの談議は今回も盛り上がり、時間が足りないほど。活気に満ちた会の様子をご紹介します。

 

会場では、マジックマーマさんの無香料、無着色のオーガニックハーブティーが用意されました。

 

 

 

2021年 1月28日(木)開催 第5回定例会レポート

 

特別講演

古紙とSDGs
  篠田 峰男さん/株式会社エスエヌテー 代表取締役社長

10分間個別スピーチ

子どもから大人までSDGsをわかりやすく楽しく学べる絵本を出版します    
  株式会社リベラル社/仲野 進さん、伊藤 光恵さん
経営・教育へのSDGs導入をサポートしています  
  一般社団法人SDGs Actionplan Lab(エスディジーズアクションラボ)/深田英揮さん
一杯で身体と心が潤う「ボーンブロススープ」をお届けします 
  レストランカンパニー三友花(さんゆうか)/横山 浩之さん

懇親会

 

 

特別講演

 古紙とSDGs

■講師プロフィル

株式会社エスエヌテー 篠田 峰男さん

株式会社エスエヌテー代表取締役社長。宅急便の戸別配達をヒントに、新聞販売店と古紙の戸別・定期回収を構築するなど、古紙回収の新しいサービスの発展と提供を考え続けている。

http://www.s-n-t.co.jp/




名古屋で古紙リサイクル 創業105年
資源循環業として情報発信に力を入れたい

株式会社エスエヌテーは、名古屋市で古紙などのリサイクル業を営んでいます。篠田商会として祖父が1916年にリヤカー1台から創業。1953年に篠田紙工株式会社に商号を変更、1991年に株式会社エスエヌテーに社名変更しました。取引先は主に新聞社ですが、地域の一般家庭からも古紙を回収しています。回収した古紙は自社で圧縮して製紙メーカーに納入しています。

古紙の地域回収

古紙の地域回収

 

■環境と健康に配慮した商品を提供する「マジックマーマ」

古紙を1トンリサイクルするのに、約100トンの水が必要です。リサイクルでも自然に負荷を与えるので、環境と健康に配慮した商品・サービスを提案・提供したいと思うようになり、直営店「マジックマーマ」も営業しています。マジックマーマでは、「家族の健康と笑顔をつなぐ」をテーマにエコで健康的な商品の販売とレンタルルームの貸し出し、自社企画のイベントの開催などをしています。

 

■顔が見える生活支援(便利屋)事業を別会社で展開

高齢化・核家族化・女性の社会進出といった社会背景から、回収にあたって個別対応の相談が増えており、それに応える顔が見えるサービスを展開したいと、2020年8月から、生活支援(便利屋)事業を別会社で始めました。

 

■リサイクル業界の改革と周知を目指して

悩みの種は、リサイクル業は一般の方にはどんな仕事なのかあまり知られていないこと。回収された資源がどのように活用され、循環しているかを知っている人は多くありません。そんな現状を打破すべく、学生と一緒にワークショップや新聞エコバッグづくり体験、販売なども始め、少しでもこの業界について知ってもらおうと努めています。そのためのアイデアはまだまだありますので、これからも実行していきたいですね。
今も昔もこれからも、地域密着で、安心、安全、健康で快適な環境づくりを進めていきたいです。

学生と新聞エコバックづくり

 

 

 

10分間個別スピーチ

出席者が語る「私たちが行っている取り組み」

子どもから大人までSDGsをわかりやすく楽しく学べる絵本を出版します

雑貨屋さんぽシリーズをはじめ、さまざまなジャンルの実用書やガイド書を作っている名古屋の出版社です。社名リベラル社(liberal)には、古い固定観念や因習、意味のない規則などから解き放たれた自由な発想で書籍を発行していきたいという思いが込められています。一人でも多くの読者に「知の喜び」「感動」を届けることを使命として、作り手としての工夫と努力を重ねて真心を込めて良い本を作り続けていきたいと思います。
2月22日に子どもから大人までSDGsをわかりやすく楽しく学べる絵本「未来を変えるメッセージ みんなのSDGs」を発売しますので、ぜひご覧ください。

 

■株式会社リベラル社/仲野 進さん、伊藤 光恵さん


http://liberalsya.com/






 

 

 

 

経営・教育へのSDGs導入をサポートしています

SDGsを通じて日本の社会課題解決人材育成を目指しています。2030年までに、学生15万人、企業3000社、500の自治体と連携したいと考えています。企業ブランディングや、社員研修、ワークショップなど、経営・教育へのSDGs導入をサポートし、「まち・ひと・しごと」が充実した地域社会づくりに貢献します。現在は、名古屋経済大学のSDGsの取り組みをお手伝いしています。学生が校内緑化やカフェなどを企画しています。これからの取り組みなので、今後の活動を見守ってください。

 

■一般社団法人SDGs Actionplan Lab 深田英揮さん

https://sdgslab.jp/

 

 

 


一杯で身体と心が潤う「ボーンブロススープ」をお届けします

長年イタリア料理シェフとして培った知識と技術を詰め込み、オンラインショップで身体と心に優しい料理「ボーンブロススープ」を販売しています。ボーンブロスとは、「ボーン(Bone)=骨」と「ブロス(Broth)=出汁」のことで、直訳すると「骨の出汁」。ボーンブロスに含まれる主な成分は、「コラーゲン・アミノ酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチン硫酸・ビタミン・ミネラル」など、どれも美容や健康に効果的な成分ばかりです。「豊富な栄養素がスープ一杯で気軽に吸収できる!」と、健康意識の高い海外セレブを中心に人気のスーパーフードです。
健康的に育った食材に料理人として付加価値をつけて提供することで人と地球の健康維持につなげていきたいです。


■レストランカンパニー三友花 横山 浩之さん

https://sanyuuka-com.myshopify.com/

 

 

 

 


★次回の「なごエコ」定例会は2月25日(木)16:00より開催予定

お申込みは、こちらから
>>>https://nagoeco.jp/?p=287

タイトルとURLをコピーしました